海水浴と水着

女性用のものの種類

女性が使用する水着のデザインには、「バッククロス」というものも存在します。こちらは、読んで字のごとく、背中でストラップを交差させるデザインで、背中を小さく、細く見せる効果があります。バッククロスの場合、ストラップに結合部が存在しない、あるいはブラや腰の部分で引っ掛けるタイプの金属パーツを使用して固定するものも多く見受けられます。バッククロスは、主としてワンピース・スリングショットの水着に採用されます。また、新しいタイプのスクール水着では、交差した部分の株が、布地と一体化した仕様となっています。そして、ビキニの場合、ブラの部分に対して物理的に無理な力が加わるため、バッククロスは採用されません。

続いて、ボトムスのサイド部分を、ストラップや布で結ぶことにより、サイズを調整することのできる「タイサイド」もあります。こちらは、実際に結べるタイプのものでは、サイズ調整のためにある程度の長さがありますが、装飾品としてダミーの紐がついているものが非常に多く存在します。こちらの採用されている水着は、枝状のストラップや大きな布などのついているものがあります。

その他に、ボタン・スナップを使用した水着は、デザインセンスが古くなり、現在では、幼児向け水着などにのみ使用されています。