海水浴と水着

ストラップなどの情報

ストラップを結ぶタイプの女性用水着では、結び目がほどけたり、ストラップの端がほつれたりするのを防止するために、端がきつい玉縛りになっています。こちらの部分に、ビーズなどの小さいアクセサリーをぶら下げるタイプの水着も存在します。

次に、遊泳用の女性用水着には、ボトムスにミニスカートやホットパンツ、パレオなどを組み合わせて使用するケースが存在します。また、「パイピング」は、布の淵をパイプのように太く加工してあるものです。こちらの加工がほどこされた水着には、パイピングの部分だけカラーを変更したデザインのものが多く見受けられます。また、ビキニの場合、布の周囲すべてにパイピングがほどこされていますが、2000年ごろからは、白い布に赤いパイピングのある水着が人気を呼んでいます。そして、ストラップとの相性によって、左右・上下でパイピングの色をさまざまに変更した水着も存在します。また、ワンピースの水着では、ブラの上にのみパイピングがあり、ストラップと同色のパイピングがほどこされた競泳水着が多く見受けられます。

その他に、「パレオ」は、ボトムスの部分に巻く布のことで、トロピカルな印象がありますが、露出度は低くなります。